いちばん やさしい風

3 5月

連休前の締め切りラッシュを乗り越えて、5月3日、やっと迎えた連休初日の朝、外は霞むように静かに雨が降っている。

勤め人の哀しさか、いつもと同じ時間に目覚め、嫁さんと息子はまだ眠っている午前中のひととき、リビングで一人、音楽を聴く。

「高杉さと美」さんのアルバム「garden」のなかの「いちばん やさしい風」。

なんて優しい声なんだろう。

エレピとアコギとウッドベースがミディアムテンポで、体の芯から疲れが流れ出していくような、癒しの曲である。

作詞・作曲は「古内東子」さん。あーやっぱり、さすがだね。

いい仕事してるね。

心の隅にちょっとひっかかっていて、ふだんはなんでもない事なんだけど、時間がたってみると、それが本当は大切な事だった、、、

そんな事は山ほどありすぎて、もう忘れてしまった。

もうどうでもいいよねーって年になってしまったと思う今日この頃だけど、大人のふりした自分の心の片隅に、まだ痛みが残っているのを思い知らされる。

裏切られて、結果、復讐を取るか、痛みを知って、自分の愛する人にはそんな思いをさせたくないと思うか、それはその人の自由だけど、頑な心を優しくしてくれるのは、こんな歌だって気がする。

こんな歌声を聴いたら、もう意地悪はやめようって気になる。

疲れてしまうと、いろんな事が麻痺してしまうけど、優しい歌は、そんな心をリセットしてくれる。

窓の外は雨 もうすこししたら嫁と息子を起こして朝食にしよう。

そして、傘をさして街へ買い物にでも行こう。

2008/5/3