ひまわり

29 6月

6月24日土曜日は、会社でお昼によく一緒にご飯を食べに行くK田くんのライブがあったので、ひさしぶりに千代田線で赤坂へ。

なんとなくはなやいだ土曜日の夕方の赤坂の街を、L@N AKASAKAというライブハウスまで歩いた。

6バンドも出演するイベントで、入場してみると、出演者も同じスペースで出番を待っているという感じだった。

K田くんも、ステージと反対側に設けられた物販コーナーで自分のバンドのCDレコードを売っていたので、挨拶した。

やがて開演の時間になり、最初のバンドが演奏を始めた。

照明も音響設備も最新式の、それなりにいい感じのライブハウス。

少年たちがギター、ベース、ドラムスといったオーソドックスなスリーピース構成で、ストレートなロックを演奏した。

1曲目からこの音量で、また数日は耳鳴りが続くかもと、耳がそんなに強くない僕は少し心配になった。

5バンド目に、K田くんのバンドが登場した。

ロック色の濃いバンドがほとんどだったこの日唯一の、16ビートファンク、そして女性ボーカルのバンド。

「almi」(アルミ)というのがそのバンド名。

K田くんは、フロントで真っ赤なトランペットをくるくる廻す。

さすがアースウインド&ファイアーが好きというだけのことはある。

最後の曲は「ひまわり」。

ああ、だからさっきみんなにひまわりの造花をくばったのか、、、。

曲後半のアカペラ部分を会場のみんなと歌う。

そしてみんなはひまわりの造花をゆらしながら、、、。

ひさしぶりにライブを楽しんだ一夜だった。

2006/6/29

almi