僕らがいた

30 4月

桜の季節も過ぎて、いつのまにかゴールデンウイーク。

あいにく僕の会社は、日曜はお休みではなく、連休も来週水曜日から。

それでも、いつもの日曜日よりも、街がほのぼのとした雰囲気に感じてしまうのは、気のせいではないと思う。

今、昼休みで、初めて会社でブログを書き始めたので、会社の様子など、、、。

うちの会社は、いわゆる携帯電話の音楽コンテンツの制作会社で、ワンフロアーのオフィスのそれぞれの机は、厚めのパーテーションで仕切られ、それぞれの人がクライアント発注の携帯着メロ、着うたを制作している。

好き嫌いは別にして、朝から晩まで、音楽に浸っている。

ある意味では幸せな環境かもしれない。

それでも、やっぱり、僕はこの状況に満足出来ない。

もっともっと音楽がしたい。音楽を造る側に廻りたい。

松たか子さんの新譜が発売された。

アルバムを通して聴いてみて、一番好きな曲は「僕らがいた」だった。

スキマスイッチをはじめ、色々な人が曲を作っている中で、作詞作曲、松たか子、編曲、佐橋佳幸という、レギュラーコンビの曲。

なんだか、いちばん僕が待っていた歌は、松たか子さん自身が作ったものというのは、とてもうれしい気がした。

2006/4/30